SBIFXトレードで小額FXデビュー

流行は毎年のように移り変わるものですが、それは経済を見る上で欠かせない為替相場にもいえることです。
為替相場は過去のデータから鑑みて、ある一定のサイクルで動いているように思います。
FXで長期トレーダーの人は、数年先の景気が気になるという人はたくさんいると思います。
それでは、為替相場のサイクルとはどのようなものなのでしょうか。
まずバブル経済での好景気がもたらされたのは昭和の終わりから平成の初め頃にかけてといわれます。
正味五年未満のこの間は、為替相場だけでなく様々な相場がピークを迎えていました。
この頃は一ドルが150円台などと今から比べるとだいぶ行き過ぎた円安傾向です。
けれど企業が国内にあることからあまり暮らしには影響はマイナスには働きませんでした。
しかしそこから国内は不景気となり、ついこの間はドル円が一ドル70円台まで進みました。
行き過ぎたこれは円高で、FXトレーダーでロングを入れていた人はさぞ戸惑いがあったと思います。
一般的に景気、不景気というのは短くて三年程度、長くて十年程度だと目されています。
十年というと国内はもっと不景気にあっていたような気もしますが若干のズレはあるにせよ、永遠に不景気だったり好景気が続くわけではないのです。
これにはもちろん国内の政治家や金融機関の政策があり不景気は緩和され、また好景気は縮小したりなど紆余曲折がありますが、一国だけで成り立たない世界なので一つの通貨の値段がずっと同じ曲線を描いているとは限らないのです。
なので長期トレーダーとしては、現在好景気があるといられている中国人民元やアメリカドル、円などに投資ばかりしていると思わぬことになるかもしれません。
また、現在通貨価値が下落しているユーロやポンド、ウォンなどがこの先永遠に下落しているとは限りません。
安くなっている今が買い時という考え方をできるならFXトレーダーとして才能があるかもしれません。

先を見通す力は過去のデータと予測により成り立つものですが、それに加える一手間はFXトレーダーとしての感かもしれません。

続きを読む≫ 2015/07/28 14:29:28

一度FXに手を出した人はそれからFXから離れられなくなることが多いのです。
それはよい意味でも悪い意味でも、FXには人を惹きつける魅力があります。
さて、その魅力の陽の部分には何があり影の部分には何があるのでしょうか。
まず陽の部分のFXの魅力といえば、難易度が高くない通貨を投資に利用することです。
通貨は、海外に行かなくても日本でも手に入りますし、また普段私たちが使っている100円玉や一万円札なんかも通貨なわけです。
身近にある通貨に、FXの親しみやすさを感じるでしょう。
そしてFXは通貨が上がるか下がるかを予想して、ロングかショートかでエントリーしてポジションを取ります。
バイナリーオプションのように、時間指定の制限がないので、例えば五分後でも三年後でもプラスになった時点で利益確定すれば、マイナスにはなりません。
それから、通貨は現物価値があるものでこの先半永久的に価値があるものといえます。
そのため世界中でFXトレーダーがいて、トレーダーが多くいることも投資としての安心感があります。
こういったふうにいいことづくめのように見えるFXの影部分ていうのはどういうものでしょうか。
まずレバレッジが効いたりすることで、負けが続いても勝つまで止めたくないと抜けられないFXトレーダーがいるということです。
負けを取り戻すのは多額になると大変なことです。
またロスカットで無常にも口座からお金がなくなるという点です。
FXトレーダーがもっとも恐れていますし、何千人とこれに泣かされてきたに違いません。
陽の部分からはわからない影の部分には、FXというよりFXもそうですが投資というリスク商品の本質も見え隠れしています。

けれど、ではなぜ多くの人がFXを続けているのかという点です。
それは単純にFXは面白いものだからです。
通為替相場が動いているのを見て、エントリーをしたり決済をするのはゲーム要素もあり、遊びのようにできて投資という意識を忘れさせます。
この点がFXの良いところですが、投資という意識を忘れないようにしたい部分です。

続きを読む≫ 2015/07/28 14:29:28

私がFX投資を始めた時は、世界の政治や経済に関するニュースばかりに注目をしていました。
FX投資は為替に投資をする物であり、その為替は世界の政治や経済のニュースに大きく影響を受けますから、私は世界のニュースにばかり気を払っていました。
これでFX投資は上手く行くと思ったのですが、実際はそう単純ではなかったのです。
円が買われると思ったら、逆に円が売られてしまったり、その逆も何度も経験しました。
私はこのような不可思議な事が起こる度に首を傾げ、損をしてしまっていたのです。
それから私はこの不可思議な現象を解明すべく、本を買う事にしました。
そしたらFX投資では、チャートが大事だという事が分かったのです。
チャートの存在は以前から知っていましたが、あまり気にする事もなく、チャートを見て取引をするような事はして来ませんでした。
しかしFX投資にとってチャートが重要だという本を見つけた事により、私はチャートの重要性を認識したのです。
これ以降私はチャートについて勉強するようになり、チャートを注意深く監視して取引をするようになりました。
チャートを注意深く見るようになって、これまで思ったのと逆に為替が動く理屈が分かる様になり、思い違いで損を出すような事が無くなりました。
かといってチャートばかりに気を取られていると、思わぬチャンスを逃してしまう事も知ったのです。
チャート単独で見ていたら、為替が円高に動くはずなのに、実際は円安に振れたという事がありました。
この時は大きな経済ニュースが流れた事で、円安に振れたという事が分かりました。
この事により、私はチャートだけでもダメなのだという事を理解したのです。
経済や政治のニュースとチャートは車の両輪のような存在をしており、どちらが欠けてもFX投資が上手く行かないという事が分かったのです。

FX投資を上手くやるコツは色々あると思いますが、私としてはニュースとチャートが鍵を握っていると思っています。
ですからこれからFX投資を始める人は、ニュースとチャートに気を付けて投資をして欲しいと思います。

 

続きを読む≫ 2015/07/28 14:29:28